転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 女性におすすめの転職サイト » 女性のITエンジニアやWEBエンジニアへの転職活動FAQ

女性のITエンジニアやWEBエンジニアへの転職活動FAQ

エンジニアとして転職を考えている女性が多い?

エンジニアになりたい女性が増えているそうです。どういったときに、エンジニアに惹かれるのか、どうすればエンジニアとして働けるのかなどについてまとめました。

ライフステージの変化を機に意識する人が多い

結婚や出産、両親の介護といったライフステージの変化に対し、働き方を変える・変えざるをえない女性は少なくありません。そこで今注目を集めているのが「エンジニア」という仕事です。

イメージしやすいのは、IT業界でWEBサイトやソフト開発などを行うエンジニアではないでしょうか。各種プログラミングの知識が必要なため、ハードルが高いと思われがちですが、短時間勤務や自宅勤務が可能な分野でもあります。そのため、効率よく空いた時間を使って賃金を得たいと考える女性から注目されているのです。

エンジニアとしての知識は、専門のスクールに通わなくても、独学で身に付けることもできます。自分のペースを保ちながら、勉強をして仕事につなげられる点も魅力的に映る要因です。

スキルアップのためにエンジニア職に興味を持つ人も

会社に勤めながらスキルアップのためにエンジニアとして働きたいと考える方もいるでしょう。各種プログラミング言語を理解し、システムの設計や開発に携われるとなれば、必然的に給料のアップにもつながります。また、社内のプロジェクト運用にエンジニアは欠かせません。存在感をアップさせる目的でも、エンジニアになりたいと考える女性は多いようでうす。

男性が多いからこそチャンスもある

エンジニアの現状は男性が多い職場です。情報産業労働組合連合会によれば、エンジニアの男女比は8:2とも言われています。旧態依然とした社風であれば、男性社会のなかで戦っていかなくてはいけないかもしれません。しかし、男性が多いということは女性目線の仕事の価値を高められるチャンスも大いにあります。

現状の職場ではなく、男女差の少ない会社へ転職するのも1つの手です。

どんなエンジニア職がある?

IT系エンジニア

一般的に「エンジニア」といえばIT系でしょう。IT系のエンジニアには、ウェブサイトやサービスの中身を作るシステムエンジニアと見た目や使いやすさを作るフロントエンドエンジニアに分かれます。どちらも兼ねている人もいれば、片方に特化した人も。 その他、サイト運営に必要なソフトの開発設計、ウェブサイト運営のプロジェクトをまとめるチーフエンジニアなどがあります。

機械・工学系エンジニア

乗り物や建物の設計・開発を行うのが機械・工学系のエンジニアです。モーターやエンジン、プレス機械など、いわゆる「ものづくり」に関わる仕事を行います。また、モノを作る製造マシンを開発・保守・点検するプラントエンジニアと呼ばれる仕事もあります。

その他のエンジニア

医薬品や医療器具、人が暮らす環境などさまざまな分野に専門家であるエンジニアがいます。どうすれば、そこで暮らす人や利用する人の生活が良くなるかを考え、実行するのが仕事です。

特別な雇用条件がある?

エンジニア職は専門性が高いため、ほとんどの場合は経験者採用です。また、その企業で使われている機器やソフト、サーバーなどにより知っておくべきプログラミング言語や知識が異なります。そのため、未経験からエンジニアを目指す場合でも全く何も知らない状態では通りません。

年齢や性別が問われることはないでしょう。しかし、将来的に役職を持つまでに育てることを目的としている場合、新卒や第二新卒に絞った採用しか行っていないケースもあります。必ずしも、希望する企業へ就職・転職できるとはかぎりません。

SOHOで仕事を受ける場合は、自宅にいながら仕事ができるメリットがあります。

人気のプログラミング言語を知っておくと◎

Web業界で働くなら、Ruby やPython、PHPといった言語を勉強しておくといいでしょう。これらは、ウェブサイトの構築によく使われています。その他、ソフト開発やWEBサイトの動作などに使われる言語も人気です。

勉強する言語を選ぶときは、まず自分がどんな仕事をしたいのかを明確にします。WEBサイトを運用したいのか、アプリ開発をしたいのかなどです。そこから、必要と思われる言語を選んで勉強しましょう。というのも、プログラミング言語はたくさんの種類があるためです。目的ごとに使い分けられているので、やりたいこととの整合性が取れるものを選ぶ必要があります。

主婦でも働ける?

家庭を持つ主婦がエンジニアとして働く場合には2パターンあります。

パターン1 会社に勤める

1つめは、エンジニアとして会社に勤めるパターンです。ビジネスパーソンとして、毎朝出勤して、仕事をして帰宅することとなります。主婦が会社勤めのエンジニアとして活躍するには、押さえておきたいポイントがあります。それは、「効率化」と「根回し」です。

1つめのポイントとなる効率化は文字通り、仕事をスムーズに終わらせること。エンジニアとしての知識やスキルに加えて、タスク管理の能力も役立ちます。主婦として家事をこなすことでも身に付くので、一石二鳥かもしれません。

2つめのポイントの「根回し」は上司や同僚との良いコミュニケーションを指します。特に子どもがいる家庭の場合は、急な休みが必要になる場面があるでしょう。日ごろからまわりと良好な関係が築けていれば、気兼ねすることなく休めるのに加えて、仕事の引継ぎもスムーズにいきます。

パターン2 在宅ワーカーとして働く

SOHOやフリーのエンジニアとして働くのが主婦の働き方2パターンめ。自身で営業をかけたり、クラウドソーシングを利用して仕事を受けます。空いた時間を使って、できる範囲で仕事ができるのがメリットです。

しかし、条件に合う仕事が常にあるとはかぎらないので、安定した収入が得にくいのがデメリット。また、エンジニアのスキルが足りずにプロジェクトが上手くいかないとき、すぐに相談できる相手がいないと、納期が詰まってしまう可能性があります。

仕事のこなし方は、会社勤めのエンジニアと変わりません。効率よく仕事をこなして納期を守ること、クライアントと良好な関係を築くことが大事です。信頼関係を構築し、維持することが次の仕事にもつながります。

転職活動はどうしたらいいの?

エンジニア経験があるなら

エンジニアの経験があると、選択肢も多くあります。また、知識があるため新しい言語の習得も未経験に比べると早いでしょう。これまでの経験を活かした転職活動ができるので、給与アップやライフワークバランス重視など、自分の希望にあった求人が見つかりやすい傾向にあります。

未経験の場合

エンジニアとしての職歴が無い場合、いきなり転職をするのは無謀かもしれません。どのエンジニアとして転職したいかを決めたら、基礎となる知識を付けることが転職成功への第一歩です。スクールに通ったり、オンラインサービスを利用したりして、キホンとなるプログラミングについて学びましょう。

また、未経験の場合は求人情報を自分で収集する転職サイトよりも、転職をサポートしてくれるエージェントやコンサルタントが在籍しているサイトを利用するのがおすすめです。未経験の職種や業界の場合、セオリーがわからないと転職失敗のリスクも上がってしまいます。しかし、転職エージェントなら痒い所に手が届くサービスが受けられます。勉強と並行しての転職活動は大変です。使える手は使って、未経験からの転職を成功させましょう。

【雇用条件編】エンジニア転職を考える女性の疑問

【主婦編】エンジニア転職を考える女性の疑問

【特集】転職活動FAQ
女性のIT・WEBエンジニア

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ