転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 転職サイト・エージェントのサービス一覧 » リクルートエージェント

リクルートエージェント

このページではリクルートエージェントの求人情報や特徴、評判について紹介しています。

リクルートエージェントの特徴・評判

リクルートエージェントの口コミ・評判

良い口コミ・評判

悪い口コミ・評判

リクルートエージェントの登録の手順

リクルートエージェント登録画面

画像引用元:リクルートエージェント公式HP(https://www.r-agent.com/)

公式サイトのトップ画面「転職サポートに申し込む 無料」をクリックし、転職希望時期や希望勤務地、現在の職種や年収、メールアドレスを入力のうえ「同意し次へ」をクリック。切り替わったプロフィール情報の入力画面に必要事項を入力し、サクっと1分以内で登録完了。数日以内に担当者から連絡が入り、面談日程を調整のうえ転職活動をスタートさせます。

リクルートエージェントのサイト内コンテンツ

リクルートエージェントコンテンツ

画像引用元:リクルートエージェント公式HP(https://www.r-agent.com/)

トップ画面に、公開案件を検索できるコーナーがあります。「職種から探す」「勤務地から探す」「業界から探す」などから入っていくと、次のページではさらに詳細な条件を指定して求人検索することが可能。検索システム以外にも、各種トピックス記事、Q&Aコーナー、企業インタビューなど、コンテンツが実に多彩で、エージェントから得られる情報以外の情報収集や、ノウハウの獲得が可能です。

リクルートエージェントの登録後に受けられるサービス内容

専任の担当者から、キャリアや希望に沿った求人をタイムリーに受け取ることが可能に。他にも、書類対策や面接対策などの転職活動全般を、手取り足取り担当者にサポートしてもらえます。企業ごとの特徴や選考ポイントが詰まった「AGENT Report」は利用価値高し。何より、約10万件という業界トップクラスの非公開案件の数は、リクルートエージェントならではでしょう。

リクルートエージェント注目の独自サービス

リクルートエージェント独自サービス

画像引用元:リクルートエージェント公式HP(https://next.rikunabi.com/goodpoint/)

リクルートエージェントには、キャリアアドバイザーとの面談後に活用できる便利な3つの独自サービスがあります。 1つ目は、リクルートエージェントが独自に収集した企業情報を提供してくれる「AGENT Report」。企業サイトをみるだけでは得られない詳しい情報を手に入れることができます。

2つ目は、面接を勝ち抜くためのノウハウを指導してくれる「面接力向上セミナー」。よくある不採用理由をもとに、面接官がどのようなポイントをチェックしているのかを整理し、それに向けた対策を講じてくれます。

最後の3つ目は、転職活動をサポートしてくれる利用者専用のページ「Personal Desktop」。キャリアアドバイザーが厳選した求人情報や応募手続きの依頼がボタン一つで行なえる便利な機能が満載です。

リクルートエージェントで取り扱いの多い業種

豊富な求人数を持つリクルートエージェントのなかでも、とくに取り扱いの多い業種が、営業職とSE・ITエンジニア職の2つです。 どちらも1万2,000件を超える求人を取り揃えているため、雇用形態や給与、勤務先など幅広い選択肢のなかから自身の希望に合った企業を選ぶことができます。

人と接する営業職でバリバリ働きたい方や、IT業界でキャリア・年収アップを図りたい方などにおすすめの転職エージェントです。

リクルートエージェントの掲載求人数

約200,000件

リクルートエージェントの求人例

求人例:サービス業の場合

職種 法人営業
業務内容 英語力の向上を図る法人に対するコンサルティング営業
雇用形態 正社員
給与 年額600~1,000万円

求人例:金融業(銀行)の場合

職種 営業
業務内容 法人または個人に対する金融商品の提案
雇用形態 正社員
給与 年額600~850万円

転職サイトと転職エージェントは両方登録すべき?

日々求人情報を追加更新していくのが、転職サイトの役割。それに対して、求職者に適した求人情報をアドバイザーから直接紹介するのが、転職エージェントの役割。双方の役割や特徴は異なります。より有利な転職活動を進めていくためには、両方に登録しておくことがお勧めです。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ