転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 転職サイト・エージェントのサービス一覧 » エグゼクティブ転職

エグゼクティブ転職

このページではエグゼクティブ転職の求人情報や特徴、評判について紹介しています。

エグゼクティブ転職の特徴・評判

エグゼクティブ転職の口コミ・評判

エグゼクティブ転職の登録の手順

エグゼクティブ転職登録画面

画像引用元:エグゼクティブ転職公式HP(https://tenshoku.nikkei.co.jp/executive/MEFD001/MEFD00101.htm)

トップ画面「会員登録(無料)」をクリックし、キャプチャ画像にある会員登録画面を開きます。希望勤務地、職務経験、現在の年収、メールアドレスなどを入力し、「利用規約・個人情報管理規定に同意して次へ」をクリック。プロフィールの登録や各種サービスの設定を経て、会員登録手続きが完了です。日経IDを持っている場合は、手続きがよりスムーズ。

エグゼクティブ転職のサイト内コンテンツ

エグゼクティブ転職コンテンツ

画像引用元:エグゼクティブ転職公式HP(https://tenshoku.nikkei.co.jp/kyujin/search/)

職種、業種、年収、勤務地、フリーワードなどを入力して「この条件で検索」をクリックすると、希望に沿った求人情報がピンポイントで登場。また、トップ画面の「おすすめ求人特集」には、「経営幹部・役員」「海外勤務」「年収1500万円以上」など、エグゼクティブ求人にふさわしい求人コンテンツがテーマ別でまとめられています。

エグゼクティブ転職の登録後に受けられるサービス内容

会員登録をすると、あなたのキャリアを活かせる求人情報が、ヘッドハンターからのスカウトメールの形で届くようになります。また、非公開のエグゼクティブ案件に応募したり、自分のエグゼクティブ度を客観的に評価する「エグゼクティブ診断テスト」を受けたりできるのは、登録した会員ならではの特典です。

エグゼクティブ転職注目の独自サービス

エグゼクティブ転職独自サービス

画像引用元:エグゼクティブ転職公式HP(https://tenshoku.nikkei.co.jp/contents/diagnosis/sample.html)

会員登録をした方に限り「エグゼクティブ力診断テスト」を受けられます。

市場価値測定研究所が監修し独自に開発した人材評価ツールを使うので測定結果は信頼性が高く、エグゼクティブの転職に役立つでしょう。診断時間は約5分なのでちょっとした時間にすぐにチェックできます。

エグゼクティブ能力、マネジメント能力、リーダーシップ能力の3項目で点数があらわれ、それによって格付けされるテスト。経営管理能力における自分のレベルを把握できます。

エグゼクティブ転職の掲載求人数

記載なし

エグゼクティブ転職で取り扱いの多い業種

エグゼクティブ転職で取扱われるのは経営幹部や役員の求人。業種として多いのは自動車部品や輸送用機器や、電子部品・半導体関連などのメーカー勤務の患部や役員です。また、ITや情報サービス業の求人も多い傾向にあります。

エグゼクティブ転職の求人には海外勤務が多いのが特色で、日系大手企業の管理や現地マネジメントを行える人材が求められています。年収は400万円~1500万円以上と幅広く、年収1500万円以上の求人には外資系の大手企業や日系金融関連会社の役員などが多く見られます。

エグゼクティブ転職の求人例

求人例:証券業の場合

職種 リテール営業
業務内容 新規開拓、既存顧客対応、資産純増等
雇用形態 正社員
給与 年額400~1,200万円

求人例:化学・石油・石炭製品業の場合

職種 社長補佐
業務内容 経営課題の解決策立案、実行、株主総会対応、海外企業との折衝等
雇用形態 正社員
給与 年額900~1000万円

転職サイトと転職エージェントは両方登録すべき?

転職サイトに登録をすると、サイトが持つ様々な求人情報を全て閲覧することができます。一方で転職エージェントに登録をすると、専任の担当者から、随時、あなたに適した求人情報を紹介してくれます。それぞれの役割は違うので、「どちらが良いか」ではなく「どちらにも登録する」のが転職活動の王道です。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ