転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 業種別おすすめ転職サイト » 不動産業界におすすめの転職サイト

不動産業界におすすめの転職サイト

ここでは不動産業界の求人掲載数が多い転職サイト・転職エージェントの紹介と、転職する際のポイントを掲載しています。

不動産業界の求人数が多いサイト・エージェントは?

代表的な転職サイト・転職エージェントでは、不動産業界の求人をどのくらい保有しているのでしょうか?転職サイトごとに求人数を掲載したので、比較する際の目安にしてみてください。

サイト名をクリックして公式HPに移動できます。

件数 検索方法

リクナビNEXT

2,505 業種から探す「不動産・建設」

リクルート
エージェント

25,632件(非公開含む) 業界から探す「不動産・建設業界」

マイナビ転職

2,454 業種から探す「不動産・建設・設備」

マイナビ
エージェント

1,357件(非公開含む) 業種から探す「不動産・建設・設備」

エン転職

974 業種から探す「不動産」

エンエージェント

209 業種から探す「不動産」

DODA

8,137 職種「不動産開発・不動産運用」

ビズリーチ

1,030 業種「不動産」

※2018年3月某日の求人数を参考にしています。求人数には変動があります。

不動産業界への案件数が多い転職サイト・転職エージェントについてまとめました。求人例なども掲載していますので、不動産業界への転職をお考えの方は、登録を検討してみてください。

リクルートエージェント

求人件数

全体 約207,000件
不動産
業界
25,632件

リクルートエージェントの求人例

職種 総合職
業務内容 CRE戦略支援、資産運用、ビジネスフロー、用地取得、企画・設計、営業、運営管理
雇用形態 正社員
給与 年額480万~1,050万円
職種 総合職
業務内容 アパートやマンション、土地の購入・売却の提案
雇用形態 正社員
給与 年額400万~1,113万円

※2018.6月調べ

リクルートエージェントの
不動産業界の求人傾向

リクルートエージェントの不動産業界の求人は、公開・非公開あわせて25,000件以上。専門によって業務内容がまったく変わってしまう不動産業界ですが、多くの企業情報を網羅しているのでじっくり自分とのマッチングを吟味できます。傾向としては売買仲介をおこなう総合職の求人が多いようです。未経験歓迎の企業も多くあり、20代、30代ではじめて転職を考えている方向けのエージェントサービスとも言えそうです。

リクルートエージェントで
不動産業界
の求人をチェック

DODA

求人件数

全体 約45,000件
不動産
業界
8,137件

DODAの求人例

職種 営業
業務内容 架電、不動産の案内、客先の訪問、最新物件情報の連絡
雇用形態 正社員
給与 月給29万円~+各種手当+業績給
職種 営業
業務内容 ホームメンテナンス、訪問、リフォーム提案
雇用形態 正社員
給与 月給30万円

※2018.6月調べ

DODAの
不動産業界の求人傾向

全体の件数ではリクルートエージェントに劣るものの、不動産業界の件数は5000件ほどもあるDODA。求人情報を見てみると、離職率が低かったり、現在成長中の企業が多く見られます。また、休暇や社員待遇を考慮している企業や、未経験歓迎・やりがい重視といった謳い文句が並び、若い人材を求めているのも特徴のひとつです。

DODAで
不動産業界
の求人をチェック

リクナビNEXT

求人件数

全体 約6,000件
不動産
業界
2,505件

リクナビNEXTの求人例

職種 営業
業務内容 アパート用地仕入、仲介会社との折衝・交渉・提案・契約
雇用形態 正社員
給与 月給30万円以上+インセンティブ
職種 内装設計
業務内容 オフィスの一室を中心にリニューアル、リノベーションのための内装設計
雇用形態 正社員/契約社員
給与 月給20万~40万円

※2018.6月調べ

リクナビNEXTの
不動産業界の求人傾向

リクナビNEXTの不動産業界の求人を見てみると、未経験の採用に力を入れながらも、給与は高めに設定されているところが多いようです。なかには月収36万円~を打ち出している企業もあり、新しい自分の人生にロケットスタートを切れるような求人情報を多数掲載しています。

リクナビNEXTで
不動産業界
の求人をチェック

マイナビ転職

求人件数

全体 約9,700件
不動産
業界
781件

マイナビ転職の求人例

職種 営業
業務内容 アパート用地仕入、仲介会社との折衝・交渉・提案・契約
雇用形態 正社員
給与 月給21万円+各種手当+資格給
職種 総合職(債権管理/法事営業)
業務内容 電話対応、書類作成、訪問、債券管理
雇用形態 正社員
給与 月給15万円+各種手当

※2018.5月調べ

マイナビ転職の
不動産業界の求人傾向

マイナビ転職で取り扱っている求人は、合計9,776件。そのなかで不動産業界の求人は781件でした。地域に根差して30年以上の歴史ある企業から、最新のベンチャー企業まで幅広く取り扱っているのが特徴です。 公開されている求人情報の多くは、「残業なし、週休二日制、未経験でもOK」というキャッチコピーが目立ちます。第二新卒や35歳未満の方を対象としていることが多く、若い人材を求めている企業がほとんどのようです。給与については振れ幅があり、低いところでは月収15万、なかには30万円以上の企業も。給与が高くなるほど実務経験を重視していたり、マネージャー候補を求めていたりと条件が厳しくなる傾向にあります。

マイナビ転職で
不動産業界
の求人をチェック

マイナビエージェント

求人件数

全体 約30,000件
不動産
業界
379件

マイナビエージェントの求人例

職種 営業
業務内容 不動産(土地・建物)に関わるコンサルティング業務
雇用形態 正社員
給与 月給35万~50万円+各種手当+業績給
職種 営業
業務内容 顧客への訪問、提案、見積書作成、指摘協力業者への施工指示
雇用形態 正社員
給与 年額330万~500万円

※2018.6月調べ

マイナビエージェントの
不動産業界の求人傾向

マイナビエージェントには全体で30,088件の求人情報があり、そのうち不動産業界の公開求人に関しては379件ありました。一見少ないと感じますが、これは求人情報の約80%が非公開求人で、ほとんどはエージェントサービスを申し込んだ人しか閲覧することができないためです。会員登録をすることで、さらに1000件ほどの求人情報をチェックすることができます。

不動産業界の求人を見てみると、月給25万円以上の求人が多数。年齢、経験、能力を考慮して給与を決めている企業も紹介されており、即戦力となる人材を求めている印象です。ただ、情報を非公開にしている企業も多いため、詳しく知りたい方はまず会員登録をしてみることをおすすめします。

マイナビエージェントで
不動産業界
の求人をチェック

ビズリーチ

求人件数

全体 約40,300件
不動産
業界
1,066件

ビズリーチの求人例

職種 総合職
業務内容 不動産仲介業務、新規顧客への提案
雇用形態 不明
給与 年額800万~1,000万円
職種 営業
業務内容 アパート用地仕入、仲介会社との折衝・交渉・提案・契約
雇用形態 不明
給与 不明

※2018.6月調べ

ビズリーチの
不動産業界の求人傾向

即戦力の人材紹介に強いパイプを持っているビズリーチ。登録している企業のほとんどが非公開のため、詳細を知りたければ会員登録をする必要があります。 公開されている不動産業界の求人を見てみると、「実務経験者」「プロジェクトマネージャー」「コンサルタント経験」と即戦力を求めているものがほとんど。採用条件に一定のスキルを掲げているため、応募の難しい求人が揃っていますが、年収は低くとも800万円以上と、かなり高めに設定されています。社会人経験が豊富で、キャリアアップしたい人に向いているといえます。

ビズリーチで
不動産業界
の求人をチェック

エン転職

求人件数

全体 約5,100件
不動産
業界
282件

エン転職の求人例

職種 総合職
業務内容 鉄道路線に附帯する商業施設や物流施設などの不動産開発
雇用形態 正社員
給与 月給20万円+各種手当+業績給
職種 営業
業務内容 アパート用地仕入、仲介会社との折衝・交渉・提案・契約・売却
雇用形態 正社員
給与 月給22万円+歩合給

※2018.6月調べ

エン転職の
不動産業界の求人傾向

2018年に総合満足度で1位に選ばれた実績があるエン転職。20代から40代と幅広い年齢層の就職をサポートしています。さまざまな業種の取り扱いがあり、求人件数は全体で5,143件。不動産業界に関しては282件取り扱っており、「未経験採用OK」「学歴不問」「第二新卒歓迎」と若手人材を求めている企業が多くみられます。

営業職の募集が多い傾向にあり、正社員での雇用、福利厚生が整っている企業が多いのが魅力です。給与に関しては20万円台がほとんどですが、個人の業績によってさらにプラスになる企業が多数あります。未経験者からのスタートでも実績をきちんと評価する企業が多いのは嬉しいですね。他業種からの転職を考えている方にもおすすめです。

エン転職で
不動産業界
の求人をチェック

エンエージェント

求人件数

全体 約12,500件
不動産
業界
43件

エンエージェントの求人例

職種 営業
業務内容 分譲用地の情報収集、仕入れ、提案
雇用形態 契約社員
給与 年額500万~700万円
職種 営業
業務内容 不動産紹介
雇用形態 正社員
給与 年額526万~688万円

※2018.6月調べ

エンエージェントの
不動産業界の求人傾向

エンエージェントは、全体で12,500件の求人を取り扱っており、さらに非公開求人を10,000件以上保有しています。公開不動産業界においては、209件の求人があります。公開されている求人は、幹部候補やマネージャー、責任者といったキャリア採用を徹底している企業がほとんど。ただ、非公開求人を10,000件以上保有しているため、公開されている情報がすべてとは言い切れません。詳しい情報が気になる方は一度問い合わせてみるとよいでしょう。

エンエージェントで
不動産業界
の求人をチェック

不動産の人気企業

コスモスイニシア

特徴

1969年に創業したコスモスイニシアは、不動産・住宅全般に関する経営をおこなっています。住宅建築、住まい探しだけでなく、不動産投資の相談にも対応。賃貸経営セミナー、コンサルティングサービスと幅広い事業を展開しています。採用は中途・新卒どちらも募集。中途は遠慮せずに常識を打ち破るといった型にはまらない人材を、新卒は常にチャレンジ精神を持ったビジネスパーソンを目指す人材を求めています。常に前向きな姿勢で仕事に取り組む人に向いている企業といえるでしょう。

業種

不動産仲介、住宅

働く人の口コミ

年収例

約600~670万円

所在地

東京都港区芝5-34-6 新田町ビル(受付7F)

三井不動産

特徴

1941年創業の三井不動産は、住宅建築からマンション・ビル管理、資産活用まで幅広く手掛けています。さまざまな価値観と才能を持った人材を募集し、活躍する組織を提案。社員一人ひとりのライフスタイルに対応しつつ、いつでも最大限の能力が発揮できるよう、人材育成にも力を入れています。業務においても常に効率化、インフラ整備といった働き方改革を実践。出産・育児の両立のサポートといった、育児休業後でも仕事しやすい環境づくりにも力を入れています。

業種

不動産仲介

働く人の口コミ

年収例

約1,000万円

所在地

東京都中央区日本橋室町2-1-1

リクルート住まいカンパニー

特徴

Webと紙媒体を使った不動産関連の情報提供サービスを行っている会社です。物件情報から不動産会社情報、リフォーム会社情報と、不動産に関するさまざまな情報が得られるサイトとアプリを提供。会社では注文住宅と新築マンションの購入を考えている方を対象に個別相談もおこなっています。採用は中途・新卒どちらも対応。ネットビジネス、ソリューション営業、住宅アドバイザーと職種は多種にわたります。不動産についてあらゆる角度からアプローチできる会社です。

業種

情報サービス、リサーチ

働く人の口コミ

年収例

約560万円

所在地

東京都港区芝浦3-11-7 住友不動産田町ビル

不動産業に人気の資格

宅地建物取引士(宅建)

宅建という名称で認知度が高い国家資格です。この資格は不動産会社に勤める社員のうち5人に1人が所持していなければなりません。土地・建物の構造、法令と実用的な知識が問われる問題が多いので、不動産業界への転職を考えるのであれば取得しておきたい資格といえます

管理業務主任者

マンション管理に関する国家資格で、建築物とその設備に関する知識、維持保全と実践的な知識が問われます。建物の契約と事務報告に関する独占業務を持っているので、不動産管理会社やマンション、ビルの管理会社を持つ不動産会社などへの就職を目指す際に有効な資格です。

マンション管理士

マンションを適正に管理するための国家資格で、知識を身につけることでマンション管理のトラブル相談とアドバイスができます。管理業務主任者と混同されがちですが、こちらは管理組合を支援する側の資格です。修繕計画の素案作成、所有者間のトラブル解決や交渉などを通して、マンション管理組合の運営を支援していきます。

不動産実務検定

不動産投資において健全な賃貸経営が行えるようにするための資格で、顧客に対して安心したサービスを提供したいという不動産関係者のために制定されました。空室対策やリフォーム、税金対策、建築の基礎知識など、賃貸経営のノウハウが学べる資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)

資産運用、年金、不動産と暮らしに関わるお金の仕組みについて理解できるので、不動産業界でも役に立つと注目されている資格です。住宅購入は家族全体に関わるので、顧客のライフスタイル、ライフプランに寄り添える提案ができるでしょう。

不動産業界の転職で
気を付けるべきこと

一言で不動産業界とは言っても、その業務内容は大きく4種類に分けられます。「建てる」「売る」「貸す」「管理する」です。

これら不動産業界の4つのジャンルの仕事は、同じ業界でありながらもまったく違うものと言って過言ではありません。つまり不動産業界への転職の際には、自分が専門としている分野、これからチャレンジしてみたい分野を明らかにしておかなければなりません。

また、土地や建物を扱う不動産業では、物件の取り扱いや営業力が重視される中で、未経験採用に積極的な企業が多くあり、給与も不動産会社によって上下の振れ幅が激しいのも特徴です。選考に臨むにあたって、目先の給与だけをみて就職先を決めるのではなく、研修体制や福利厚生、休日の有無なども加味したうえで選ぶようにしましょう。

複数の転職サイト、エージェントサービスに登録し、なるべく多くの求人情報に目を通して、納得いくまで自分に合った企業を探せるのが理想的です。

不動産業界の転職に
エージェントへの登録
がおすすめな理由

自分が希望する業務内容をしっかり把握したら、目指す分野との的確なマッチングができるような転職活動をしたいですね。

しかし、転職サイトに書いてある情報だけでは、入社後にどんな作業がメインになるのかよくわからない方も多いと思います。

そんな場合には、応募前に企業内情をしっかり教えてくれる転職エージェントの登録がおすすめ。非公開案件を多く保有している場合もありますし、自分の力だけでは出合えなかった企業とのつながりができるかもしれません。

不動産業界への転職を考えているあなたにとって、心強い味方になってくれるでしょう。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ