転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 業種別おすすめ転職サイト

業種別おすすめ転職サイト

勤めれば鉄板?人気の転職業界

ここでは、転職先として人気の高い業界のポイントや特徴についてまとめています。これらの業界への求人を多数持っている転職サイトもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

はじめての転職なら…

リクナビNEXT

ブランクがあるなら…

マイナビ転職

公開求人の多さなら…

DODA

不動産業界

業界のなかでも業務が多岐にわたるため、転職前にあなたが何を専門としてきたかが転職成功のポイントとなります。

不動産業界に強い
転職サイトはこちら

IT業界

専門業務が多く、企業が求めるものとあなたの専門分野とをマッチングさせることが必要不可欠です。

IT業界に強い
転職サイトはこちら

保険業界

営業ノルマに対する考え方など、会社の内情をよく把握してから応募することが重要です。

保険業界に強い
転職サイトはこちら

人材派遣業界

まったくの異業種出身であっても、もとの仕事の知識やノウハウを活かせる業界です。

人材派遣業界に強い
転職サイトはこちら

機械メーカー業界

業務範囲が急速に拡大中であり、採用に積極的で、異業種からでも転職しやすい傾向にあります。

機械メーカー業界に強い
転職サイトはこちら

公的機関・その他業界

公的機関・その他業界への転職を考える場合、正社員の求人は実はそう多くありません。契約社員や派遣社員などの求人が多いからです。安定した仕事を求めて公的機関・その他業界への転職を考えているなら、転職サイトを使ってできるだけ多くの求人を見つけることが大切です。

公的機関・その他業界に強い
転職サイトはこちら

マスコミ・広告・デザイン業界

人気の高い広告・マスコミ関連の求人は、仕事ができる分、給与も高くなる点が特徴。激務をこなしながら、高い給与を得る経験は転職に勢いのあるうちにしておくことをおすすめします。

マスコミ・広告・デザイン業界に強い
転職サイトはこちら

運輸・交通・物流・倉庫業界業界

運輸業は基本的に、激務で薄給与の印象が強いですが、孫請けじゃない会社を選べば、それなりに高い給与も望めます。転職サイトを利用して、そういった情報を取り入れることが転職成功の近道かもしれません。

運輸・交通・物流・倉庫業界業界に強い
転職サイトはこちら

流通・小売・フード業界

基本的に土日出勤の多い業界なので、世間との休みが合わず、家庭を持っていたりするとなかなか難しい業界です。逆に言えば、世間とはズレている分、休日は快適な点がメリットです。

流通・小売・フード業界に強い
転職サイトはこちら

環境・エネルギー業界

環境・エネルギー業界というジャンルを設けていない転職サイトもあります。それくらい業界としての求人件数は多くありません。しかしながら、電力自由化、ガス自由化が進み、各社の求人需要は今後伸びていくことが予想されます。今がねらい目です。

環境・エネルギー業界に強い
転職サイトはこちら

コラム:異業種・異職種への転職を考えるときのポイント

多くの人が「働き方」について自由な考え方を持つ現代では、企業のやり方に何らかの違和感や不満があり、異業種・異職種への転職を考える方も少なくないでしょう。
基本的には、同業種・同職種への転職のほうが有利であることは間違いないのですが、もちろん異業種・異職種でも絶対に転職できないわけではありません。求人企業が持っている思わぬニーズや、自分が気付いていなかった長所を掘り起こし、異業種・異職種への転職を成功させることができたり、場合によっては年収アップの可能性もあります。

以下、異業種・異職種への転職について考えてみましょう。

自分のやりたいことを見つめなおす

異業種・異職種への転職を検討する際、第一に着手すべきは「自分が本当にやりたいことを見つめなおす」ということ。現在の会社に不満があるからという理由で、勢いだけで転職をしてしまうと、また同じことの繰り返しになる恐れがあるからです。同じことを繰り返しているうちに、専門的なキャリアを磨くこともできないまま、やがて転職が難しい年齢になってしまうかも知れません。

自分のやりたいことを見つけるためには、まず、自分を客観的に見ることが大事。「現在の自分は、現在の仕事内容や会社に対して、どのように思っているのか」を、素直になって箇条書きしてみましょう。
それとあわせて、「将来の自分は、どのようになっていたいのか」も書いてみてください。
書き出した項目と向き合ってみるだけでも、きっと自分のやりたいことを見つけるヒントが得られるはずです。

異業種と同業種との転職の違いは?

異業種・同業種などに関連し、転職の難易度の違いについて考えてみましょう。

最も転職に有利なパターンは、言うまでもなく同業種・同職種での転職です。会社の待遇等に不満があり、すぐにでも転職したいという方は、同業種・同職種での転職を検討すべきです。

次に有利な転職のパターンが、異業種・同職種です。現職が営業だった場合、業種の異なる会社に転職しても、これまでの営業経験を十分に活かすことができるでしょう。

少々転職が難しくなるのが、同業種・異職種。たとえば、同じIT業界内での転職であっても、ソフトウェア開発を専門とする人が法務部への転職を希望することは、困難と言わざるを得ません。

最も転職が難しいパターンは、異業種・異職種。求人企業にとってみれば、新入社員を採用することと同じリスクを背負うことになります。ただし「何も知らないからこそ使いやすい」として積極採用する会社もあるようなので、始めから諦める必要はありません。

20代におすすめの転職サイトを知りたい人はこちら

30代におすすめの転職サイトを知りたい人はこちら

40代におすすめの転職サイトを知りたい人はこちら

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ