転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 志望動機・志望理由の書き方、まとめ方

志望動機・志望理由の書き方、まとめ方

志望動機・志望理由のポイント

新しい挑戦へ一歩の前に立ちはだかるのが、履歴書に記入する志望動機・志望理由です。面接においても志望動機・志望理由を具体的に説明できるかがカギを握ります。

これまでの経験をアピールする

1つ目は「職務経歴の強み」です。応募先への熱意をアピールしても企業側が求めるスキルや経験と一致していなければいけません。培ったスキルや経験を、どのように活かせるかアピールするのが大切です。

何よりも大切なのが各応募先に向けたオリジナルの内容で作成すること。求める人材は企業により異なります。自分のスキルや経験、実績などをあわせて、企業に貢献できるスキルや経験をアピールしながら書いていきましょう。

働きたい熱意が伝わる文章を書く

2つ目は「企業への思い」です。数ある企業から、なぜ応募先を選んだのかとその企業の魅力を伝えましょう。たとえば、技術習得ができる目的だけを述べてしまうと「会社は学校ではない」と考える採用担当者もいるため、悪い印象を持たれてしまいます。応募先だからこそ、実現できる目標を具体的に伝えましょう。応募先の企業が商品やサービスを提供しているのであれば、商品を使用したりや店舗に足を運んだりして情報収集すると、志望動機が書きやすくなります。

よくある志望動機失敗例

一見、良さそうに見える志望動機でも企業側が不信感を抱いてしまうと、それが原因となって失敗してしまう例も存在します。

具体性がなく個性もない志望動機

よく見かけるのは、「御社が掲げる経営理念やビジョンに共感しました」という文章です。この文章だけでは具体性を感じらないため、どの企業にも同じ内容を書いていると思われてしまいます。自分の経験や考えを交えながら、共感した部分を伝えるのが大切です。具体的に説明ができない場合は安易に共感しましたと書くのは避けましょう。

受け身の姿勢と勘違いされる書き方

謙虚さや熱意をアピールするため「御社で学ばせていただきたく……」と、ついつい書いてしまっていませんか。学ばせてほしいという意欲があるのに受け身の姿勢と捉えられ、成長が会社や他人任せに聞こえてしまう可能性があります。自分の経験だけにとらわれず、より良いものを積極的に学び、吸収して企業へ貢献したいという気持ちを伝えましょう。言葉の表現や伝え方を工夫するだけで、受け身ではなく能動的な印象を与えられます。

ミスマッチと捉えられてしまう

企業側のニーズと一致していない、退職理由と志望動機に一貫性がない場合も失敗しやすい事例となっています。ニーズと合わないケースでは、アピールの仕方が悪く上手く伝わらないことも。求人内容をよく読み、リサーチしたうえで志望動機や理由を書くようにしましょう。

退職理由と志望動機の不一致は、都合の悪いことを隠しているのではと思われてしまいます。円満退社でないときに起こりやすいケースです。新しい企業への挑戦でネガティブなことは伝えにくいかもしれませんが、書ける範囲で正直に書いておく方が無難です。

志望動機の成功例

志望動機は、未経験業界への転職と同職種への転職で少し書き方に工夫が要ります。

未経験業界で強みになるポイント

まったく経験したことがない未経験職種の場合は、挑戦する理由を明確に伝えます。スキルをアピールしても、経験者にはなかなかかないません。だからこそ、異業種である前職で培ってきたスキルや経験を新しいフィールドでどのように活かせるのかをアピールします。また、新しい業界に慣れるための自己研さんを積んでいるなら一緒に伝えるようにしましょう。自分を採用するメリットを明確にしておくことがカギです。

同業種への転職で強みになるポイント

同じ職種へ転職するケースで起こりやすいのが、詳細は伝えなくても分かってくれるという思い込み。採用担当者が必ずしも同じ業務をしているとは限らないため、前職で行ってきたことはしっかりと伝えましょう。また、課題解決できた事例があるときはアピールポイントになりますし、応募先企業の課題が見えているならどう解決すれば良いか提案するのも1つの手。上から目線にならないよう注意しつつ、そこで力を発揮したいことを書きましょう。

第二新卒の志望動機の書き方ポイント

転職が多い第二新卒の場合は、採用してもすぐに辞めてしまうのではないかという懸念を払しょくしなければなりません。短い勤務期間中でも、社会人としてのノウハウが身につけられたことや責任を持って業務を全うした話などを伝えるのがベストです。

面接時の志望動機の答え方

履歴書に記した志望動機が高評価を得てたからと、面接でも高評価を得られるとは限りません。

一貫性を持って自分の言葉で話す

面接では、履歴書や職務経歴書に記入した内容を丸暗記したような話し方や内容は避けましょう。また、書いている内容と話した内容に相違が生まれてしまうと、面接官も困惑します。履歴書に書いた志望動機を深掘りしながら伝えていく形がベストです。

受け売りだけで話さないように

CMや求人でよく目にする「福利厚生がしっかりしている」「働きやすい環境」といったワードを並べてしまうと、具体性がないためマイナス評価につながることも。また、就活マニュアルにあるような、お手本通りの受け答えもNG。面接官はプロです。誰にでも当てはまるようなお手本では、心は動きません。情報として仕入れた伝え方を踏まえ、自分の言葉で自信を持って受け答えするようにしましょう。そのためには、事前に面接のロールプレイングをしておくのがおすすめです。

少しゆっくり話して1分でまとめる

面接時は、簡潔に答えすぎるのも良くないとされています。あまりにも短く答えすぎてしまうと、志望動機が弱いと受け取られることがあるためです。しかし、長すぎても要点をまとめられない人という評価を受けてしまいます。

人によって話す速度は異なりますが、いつもより少しスピードを落として話し、約1分程に志望動機をまとめておくと短すぎず長すぎず、適切だと受け取ってもらえるはずです。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ