転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 面接まで行ける職務経歴書の書き方とは

面接まで行ける職務経歴書の書き方とは

通りやすい職務経歴書とはどういったものなのでしょうか。まずは、職務経歴書の書き方のポイントを見てみましょう。

職務経歴書の見本

職務経歴書

20XX年X月X日
転職 太郎(氏名)

■職歴要約
ソフトウェアの開発会社で約5年にわたり、営業事務・サポート業務をおこなってきました。営業部門において実働部のタスク管理や、資料の作成、顧客への受発注業務など、後方要員としての業務全般を担当しています。

■職務経歴
------------------------------------------------
○○株式会社(20xx年4月~現在)
・事業内容:書籍、ソフトウェアの開発・販売(東証2部上場)
・資本金:□□□億円、売上高:□□□億円(00年度)、従業員数:□□□□名
------------------------------------------------
20xx年4月~現在
入社、法人営業部に配属(正社員)(課長以下14名)
・営業部14名の売り上げ管理、顧客データ管理、見積もり・請求書の作成
(担当企業数:約310社、見積もり・請求書発行件数:約220件/月)
・データをもとにした売り上げ分析、報告書の作成
・顧客へのプレゼン資料の作成
・顧客からの受発注についての電話対応。ニーズに応じた提案業務
(受注件数:約100件/月)

■資格、特技
・簿記2級(20xx年)
・秘書検定2級(20xx年)

■パソコンスキル
・Access(入力、集計、抽出)
・Power Point(顧客用プレゼン資料・会議資料の作成)
・Excel(VLOOKUP関数やピボットテーブルを活用した営業データの分析)
・Word(契約書作成)
・ERP(SAPなど)

■自己PR
現職では環境に恵まれ、新入社員のうちからプレゼン資料作成や顧客やり取り等に関わらせていただきました。現在は、後輩の育成に取り組み、経験の浅いものでも水準の高い作業が進められるよう、日々部内で見られるミスを共有して改善できるようなフローチャートマニュアルを作成し、業務環境の整備に尽力しました。今後は、私の経験が活かせる新たな場を見つけ、広い視野を持って進んで行きたいと考えております。

以上

職務経歴書を書くときの8つのポイント

必ず通る職務経歴書を書くのは難しい

企業の採用担当者は、これまでに無数の職務経歴書に目を通してきた、いわば職歴チェックのプロ。そんなプロの目に適うような履歴書・職務経歴書を作成・提出するのは、個人の力だけではなかなか難しいものです。
「この人になら会ってみたい!」と思われるような履歴書・職務経歴書を作成するためにも、客観的な目で添削をしてくれる転職エージェントを活用しましょう。

プロに対抗するなら、こちらもプロの力をうまく利用するのが吉。企業の内情などを詳しく知るコンサルタントに相談して、面接まで行ける職務経歴書を作り上げましょう。

このサイトでは転職成功者に聞いたおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しています。登録するサービスを考える際、ぜひ参考にしてみてください。

成功者300人が選んだ
おすすめ転職サイトと
転職エージェントは?

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ