転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 転職サイトは登録だけでも大丈夫?

転職サイトは登録だけでも大丈夫?

勤務しながら転職活動は可能でしょうか?

在職中の転職活動について

転職活動の流れは変わってきている

転職活動を決意したとき、まずはどんなアクションを起こしますか?今どきの主流は、転職サイトや転職エージェントに登録する方法です。昔ながらの「ハローワークに行く」「ネット求人を見る」「求人誌を読む」「知人に頼む」といった方法は、自分が主導的に動く必要があり、勤務しながら活動するのには限界が。時間がいくらあっても足りません。

転職サイトはコンサルティングがなく、やはり自分が主導的に動く必要あり。しかし非公開求人も案内してくれるので、選択の幅が広がるメリットがあります。

転職エージェントは専任のアドバイザーがついて、自分の希望に沿った求人を紹介。エージェントが要望に合わせて紹介数を絞るため、必然的に求人数が少なくなるようですが、より現実味を帯びた転職活動が可能と言えます。

転職サイトに登録すると転職しないといけないの?

結論から言うとそんなことはありません。最初は転職する気満々だったけれど、事情が変わり転職が理想的ではなくなる場合もあります。基本的に転職サイトは自分で求人先に応募するものなので、転職活動がどの段階にあろうとサイト側が急かしたりはしません。

対して転職エージェントは成功報酬。決まりそうであれば押してくるというのがもっぱらの話です。ただそれはエージェント会社の質によると言えるでしょう。「せっかくエージェントさんが紹介してくれたから」と無理して面接を繰り返す必要はなく、登録しておくだけなら問題はありません。

在籍している会社へ伝わることはありません

転職にはマナーが必要

通常なら、転職サイトを通じて現職に転職活動がバレるということはありません。転職エージェントにも守秘義務があるからです。それでも漏れてしまうことがまれにあります。それはちょっとした気遣いの足りなさが要因なのかもしれません。

転職活動中なのは内緒にする

仲の良い会社の同僚に、ついポロっと言ってしまい上司に転職活動していることがバレてしまう事例があります。その同僚に悪気はなくても、どこでどういう風に情報がまわるかは予測不可能なもの。どんなに仲が良くても話すタイミングを計ることは大事です。

会社のパソコンを使わない

転職活動に限らず、私用で会社のパソコンを使うのはアウト。「普段ならそんなことしないけど、緊急連絡があって携帯も取れなかったら困る」と考えて、ついつい会社のパソコンを使ってバレてしまったなんて、自分で自分の首を絞めているのと同じ。転職活動は基本自宅のパソコンか携帯。どちらでも情報が見れるようにリンクしておくと、入力はパソコンで確認・連絡は携帯でと、楽に活動できます。

情報登録に特定情報を書かない

転職サイトによっては、採用企業が登録リストからピックアップした人に連絡するスカウト機能があります。個人名は応募するまで公開されないことがほとんどですが、個人を特定できるような特殊資格や経歴はアップしないほうが良いです。

もしも転職活動が不調に終わったとき、会社に居場所がないなんてことがないように、マナーをもって転職活動を行いましょう。

少しでも転職を考えているならばまずは転職サイトに登録すべき

効率的に動くには、転職サイトに登録するのをおすすめします。転職したい気持ち満々な人もいれば、良い条件があればしてもいいレベルの人も、情報収集が大事なのは同じこと。都度ハローワークや求人サイトを訪れる時間は働く人にはありません。限られた時間を有効に使うには、濃い情報を常に表示してくれる転職サイトは強い味方です。

転職サイトの「スカウト機能」とは?

転職サイトに登録した情報をもとに、企業側からオファーをもらうシステムを言います。スカウト機能にも種類があり、検索対象となった希望者に一斉にメールを送るタイプと、人事担当者が登録内容を吟味したうえでオファーするタイプがあります。どちらも企業側のニーズにマッチングする人材と認められたことになるので、一般の求人募集に応募するのと比べ1歩も2歩も先を行く事になります。

求人情報量と質に格段の差がある

転職サイトや転職エージェントは、採用にあたり企業側が費用を負担しています。求職者は無料で利用しますが、企業側は情報掲載やスカウトメール送信に費用が発生。採用に費用をかける=優秀な人材を求めている企業でなければ利用しません。

転職するならより良い条件で転職したいもの。あらゆる情報を活用して、有意義な転職活動を行うために、転職サイトに登録するのは有効な手段です。

勤務しながら転職サイトを利用する際のポイント

転職サイトを利用する際のポイントをまとめました。

スカウト機能だけに頼らない

企業側からのアクションを待つ間に、時間だけが過ぎていくということがあります。マッチングする資格・経歴が少なければそれだけ声がかかるのも少ないもの。他力本願で転職活動を行わず、転職サイトで積極的に検索することも大事です。

また、スカウトしてくれたからと気を良くするのは考えもの。なかにはブラック企業からのスカウトもあるそう。受けたスカウト内容もしっかり吟味する必要があります。

大手企業以外を狙っているなら

転職サイトを利用している企業は大手がメインです。中小や地方企業への転職を希望する場合、情報量はそこまで多くないことが考えられます。大手以外を狙っているなら、転職サイトと併せてハローワークや地元求人誌などの利用をおすすめします。

自分の希望を明確にもつ

転職サイトに登録すると、いろいろな企業を知り、迷う場合も出てくるでしょう。全ての希望が叶う転職先が見つかれば良いけれど、どこかで妥協しないといけないことも。そんなときは「妥協できるポイント」「どうしてもゆずれないポイント」をまとめておき、判断基準にすると良いです。

より良い転職ができるように、利用できるものは利用するスタンスが未来を広げます。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ