転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 未経験の大手企業に転職できる?

未経験の大手企業に転職できる?

未経験業界への転職で大手企業に入れる?

職種や資格の指定などはあるが大手企業にも行ける

転職で大手企業に行けるのかと言われれば、答えはYESです。第二新卒枠や未経験枠、中途採用枠を設けている企業であれば、転職できます。

テレビ局や一部商社など、新卒しか採用しないと言われている職種もあるため、全ての大企業が当てはまるわけではありません。しかし、外資系やIT企業などは転職が当たり前。資格やスキルなど必要な要素はありますが、大手企業で働く夢を叶えられます。

業界の経験者、未経験者のどちらにもチャンスはあるということです。

本社はダメでも子会社ならオーケーの企業も

大手企業本社は新卒採用しかしていなくても、子会社なら第二新卒や中途採用があるケースがあります。ゆくゆくは本社への移動を目標にして、子会社へ就職するのです。

本社や親会社の求人情報だけではなく、子会社の情報にまでアンテナを伸ばしておくと、思わぬチャンスが巡ってくるかもしれません。

本社へ栄転するには、高いモチベーションが必要。困難な道かもしれませんが、希望する大企業で働きたい!という気持ちを持って臨みましょう。

学歴や職歴は必須??大手企業への転職

大手企業への転職となると、気になるのが職歴や学歴。しかし、企業が転職者に対して期待しているのは、入社して実績を上げてくれるかどうか。これから育てて行く新卒と違い、即戦力かどうかが重要となります。

何より実績を重視

大事なのは、これまでの実績です。働いてきた中で何を成し得たのか、どのように行動したのかが問われます。そこに学歴は必要ありません。また、希望する大企業の中でどう実績を上げたいのかも問われるでしょう。

職歴は、どのような業界で働いてきたのかが見られるでしょう。しかし、学歴と同様に実績の方が重く見られます。職歴に絡めて実績を上手くアピールできると◎です。

足りない実績はカバーする

実績が足りないと感じたなら転職活動をしながら今いる会社で実績を上げると良いでしょう。

大手企業への転職は、スムーズに行かないことも多いため、時間がかかります。その間、転職に必要な情報を集めるのも成功のカギですが、あなたの魅力が足りていないことも考えられます。転職を決めたら自分の経歴が希望する大手企業への転職に足るかどうかも見直してみましょう。

大手企業には未経験転職枠を持っている企業もある

大手企業といっても、職種はさまざま。欲しい人材も千差万別です。そのため、大手企業の中には未経験者を採用する枠を設けている企業があります。

非公開求人をチェックしよう

未経験者枠は、オープンになっていることもありますが、転職サイトや転職エージェントの非公開求人として募集がかけられることも。人気のある企業ほど、応募が殺到してしまうため非公開求人として募集をかけているのです。

非公開求人は求人情報誌ではなかなか手に入りません。誰かの紹介で入社するケースを除き、1人では入手しにくいもの。大手企業へ転職したいと考えたときは、転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

第二新卒枠を狙う

第二新卒は、新卒入社から1~3年程の人を指します。新卒ほど未経験でもなく、30代ほど経験豊富でもありません。しかし、ビジネスが何かを一通り理解している若い人材は、即戦力とは行かなくても新卒ほどのコストを掛けずに済み、育て甲斐があるとみなされます。

企業によっては、第二新卒枠を設けて求人を出しています。未経験の業界でも、第二新卒枠を利用すれば大手企業への転職が可能です。

転職活動まえのリサーチが重要

転職活動をスタートさせるまえに、チェックしておきたい事柄をまとめました。

本当に大手企業に転職したいのか自分に問う

初めに、漠然と大手企業で働きたいと思っていないか考えてみましょう。憧れる気持ちだけになっていませんか。希望する企業や業界で、自分が何をしたいのかやどうなりたいのかと言ったビジョンが明確でないと、狭き門はくぐれません。もしかしたら、大手でなくても叶えられる夢ではないか客観的に考えてみましょう。

例えば、転職理由が「給与を上げたい」「ネームバリューのある企業で働きたい」「福利厚生」と3つがあるとします。この3つのどれもが譲れないのであれば、大手企業しかありません。しかし、じっくりと考えて優先順位を付けた結果「ネームバリューのある企業で働きたい」が下位になった場合、難しい大手企業への転職を進めなくてもいいのです。

メリットばかり見ないでデメリットも検討する

福利厚生やネームバリューなど、大手企業に勤めるメリットはたくさんあります。しかし、メリットばかりではありません。希望する会社や業界の情報を集めたなら、メリットとデメリットを比較します。デメリットがあっても転職したい!と強く思えたなら転職に向けて舵を切りましょう。

言語化できるかで判断する

大手企業でやりたいこと、なりたい自分が上手く掴めないときは言語化してみるのがおすすめです。もし、何も浮かばないのだとしたら転職するタイミングではないということ。次々に溢れてくるなら、一度書き出して整理するのにも使えます。自分の言葉で自分が表現できなければ、自己PRや面接で躓いてしまうかもしれません。

転職サイトや転職エージェントを検討する

転職を決意したなら、効率的に進めたいもの。1人でコネも無く大手企業へアプローチするのは大変です。そんな時役立つのが転職サイトや転職エージェント。コンサルタントと一緒に、自分の強みや弱みを活かして大手企業へアプローチできます。非公開求人も手に入るので、転職したいと思ったら登録しておきましょう。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ