転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 未経験者OKの求人って本当?

未経験者OKの求人って本当?

求人情報サイトを調べれば、必ず見られる「未経験者OK」の文字。しかし企業側の視点に立てば、経験者の方を優先して採用したいはず。それなのに未経験者でも良いというのは裏がありそうです。

そこで、未経験者OKの求人ではどんな人を募集しているのか、その裏側についてお教えします。

本当に未経験でも採用してくれる?未経験業界の真実

結論からいうと、全くの未経験者でも採用される可能性はあります。

ただし、基本的にどの企業も即戦力となる人を積極的に採用するため、採用のされやすさは別問題。例えば採用する人数が限られていて、さらに応募した人の中に経験者や有資格者がいた場合、未経験者の人が採用されるのは狭き門となるのです。

また、「未経験者」とは、どの点に関しての経験が浅いかによって意味合いが異なります。「業界に関しての未経験者」、「職種に関しての未経験者」、「完全な未経験者」の3つのタイプに分けてご説明します。

業界に関しての未経験者

「以前まで別の業種で働いていたが、応募する職種は同じ」という人がこのタイプです。業種が異なるため業界に関する知識が乏しいものの、営業職や事務などの職種に関する経験がある人です。業界の知識さえ覚えれば即戦力となるので、多くの企業が優先的に採用します。

職種に関しての未経験者

「以前まで同じ業種で働いていたが、応募する職種が異なる」という人がこのタイプ。担当していた職種が異なるため、仕事を覚えるまで時間が掛かります。

しかし、業界に関する知識があるとみなされるので、完全な未経験者に比べて採用されやすい傾向にあります。別の職種で働いていた経験を買われて、2つの業務に対応できる社員になることを期待され、採用される場合もあります。

完全な未経験者

「以前の仕事と業種・職種が異なる」人がこのタイプです。業界の知識がなく、職種に関する知識や経験がないため、戦力になるまで時間とコストがかかります。

新卒の場合もこのタイプに当てはまりますが、既卒ですと転職回数に悪いイメージを持たれやすく、同じタイプでも新卒の方が優遇されやすいのです。

完全な未経験者だと採用は難しい

3つのタイプから、企業が採用しやすいタイプを順に並べると、以下のようになります。

  1. 業界に関しての未経験者
  2. 職種に関しての未経験者
  3. 完全な未経験者

このように書くと、「じゃあ完全な未経験者は転職・就職できないの?」と不安に思う人もいるでしょう。しかし、あきらめることはありません。

1から社員を育てたいとする企業もちゃんと存在します。長期的に働いてくれる社員を募集している企業の場合、自社の色に染まりやすい「完全な未経験者」でも採用する可能性があります。

ただし、業界や職種の経験者を優先するという点は変わらないため、面接では担当者の目に留まるようなアピールが重要です。

企業側が求める未経験者とは

「完全な未経験者」を採用する企業は、応募した人のどのような点を評価してくれるのでしょうか?調査したところ、以下の4つの理由が挙げられます。

まとめると、「仕事への意欲や向上心」「人間性」「新しいアイディアを出す提案力」などの点を、企業側は未経験者に求めているようです。

また、企業側にとって大きなリスクとなるのは、採用した人がすぐに離職してしまうこと。長期的に働いてくれると期待して、未経験者でも採用してくれる場合があります。

未経験の場合面接でどうアピールするべき?

面接で未経験者が最もアピールするべきなのは、その職種に対する意欲の高さです。一般的に企業の面接で重要なのは、「その企業にとって自分を採用してどんなメリットがあるか」を伝えること。

経験者の場合、前職の実績や経験をアピールして伝えられますが、未経験者の場合はそうもいきません。意欲の高さをアピールすれば、企業側は「仕事を早く覚えてくれる」、「長期的に働いてくれる」といったメリットを期待し、採用してくれる場合があるのです。

業界・業種について事前に調べ、どんなことに取り組んでいきたいか、また趣味や学生時代の経験からどんな部分を頑張れるか、といった内容を具体的に話すとよいでしょう。

転職する人におすすめの未経験求人

未経験者でも内定が出やすいのはどんな業界でしょうか?代表的な業界を6つ紹介いたします。

IT業界

インターネット利用者の増加と、IOTを始めとしたネット関連技術の進歩により、IT関連の業種は増加。それに伴い人材が不足している状況にあります。

専門的な知識や技術のある人でないと採用は難しい、というイメージが強いですが、将来性に期待して積極的に採用する企業も多いです。

大手産業メーカー

IT技術の進歩により、事業拡大のためたくさんの人を採用しようとする企業は多いです。既存の枠組みにとらわれない、新しいアイディアを出してくれることを期待し、未経験者でも採用する場合があります。

接客業

接客業では、専門的なスキルや知識を必要としない職場も多いので、未経験でも採用してくれる場合があります。また、あらかじめ接客マニュアルを作成しているところも多く、未経験者でもすぐにすぐに働けるようになる点も、採用されやすい理由です。

建設業界

現在建設業界は、若手不足と社員の高齢化により、深刻な人材不足に陥っています。後継者不足を解消するため、未経験者でも採用するところが多いです。

製造業界

ライン工を始め、特殊や技術や知識が必要ないところが多い製造業界。作業の手順を覚えればすぐに働けるようになるので、未経験者でも採用してくれます。

運輸業界

ネットでの通販をする人が増えたことで、商品を運ぶ運輸業界は人手不足です。トラックの大きさによっては大型免許が必要となりますが、それ以外は未経験でも採用されやすいです。

重要なのは「仕事へ取り組む姿勢」をどう見せるか

企業の採用において、経験者と未経験者では大きな差があるのが現実です。しかし、「どうせ未経験者だと採用されない」と最初から応募をあきらめてしまうのは、せっかくのチャンスを棒に振ることになりかねません。

未経験者でも採用してくれる会社は多くあります。自分が求めている企業の条件と合っていれば、やる気とチャレンジ精神を武器に応募してみてはいかがでしょうか?

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ