転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » はじめての転職を成功させるには » 未経験業界への転職で年収アップは可能か?

未経験業界への転職で年収アップは可能か?

未経験での転職で年収アップが可能なのか?ここでは事例を交えて実情を紹介します。

基本的には未経験業界なので年収アップは難しい

すぐの年収アップは難しい

多くの場合、未経験転職での年収アップは望めません。逆に前職よりも年収で50万円近く減ったという声もありました。「役職者である」「語学ができる」「資格を持っている」など、武器になりそうなスキルは考慮されない場合も。採用担当者が資格に詳しくない場合、または会社に必要ない資格と判断されたら悲劇です。最悪スルーされることも。資格を売りにした転職は、業界・業種の選択を丁寧にする必要があるでしょう。

採用側が欲しいのは実務経験

ネットで「転職・未経験」と検索すると、上位に表示されるのが「未経験者歓迎」という文字。採用が難しい業種は、「未経験可・歓迎」の文字で応募数を増やす傾向があります。母数を増やした上で、できるだけ経験者を採用するのが現状です。

すぐには無理かもしれないが…

未経験者の転職が厳しい状況になるのは否めません。転職後の年収は多少下がることがほとんどです。転職先で経験を積み、スキルを身につけた後には年収アップも見込まれます。入社未経験の業界・業種に転職する際は、長期スパンで年収アップを考える必要があると言えるでしょう。

未経験業界で年収アップに成功した転職例

未経験者の転職成功事例に学ぶ

営業職(歩合制)を選ぶ

未経験者でも採用してもらいやすいのが営業職。給与を固定給ではなく歩合制にすることで、収入にダイレクトに反映されます。会社によっては、実績に応じてインセンティブを支給するところも。労働(量)と給与(質)がリンクしやすい職種です。完全歩合制を選んだ人の実績では、月収ベースで20万円以上増えた事例がありました。

UターンやIターンでも年収アップは見込める

一般的に首都圏より賃金の低い地方への転職は、年収ダウンと思われがちです。しかし、地方に本社のある企業や、技術職といった専門性の高い転職なら、転職でも年収アップの可能性があります。

転職サイトを利用する

高額収入の求人は見つけにくいものです。年収1,000万円を超える求人は、そのほとんどがヘッドハンティングやスカウト。非公開での求人になっているため、自力で見つけるのはほとんど不可能です。ハイクラスの転職を望むなら、転職サイトの非公開情報を検討すると良いでしょう。

年収アップには基本的な語学力や保持資格などを活かせるケースもある

自分に付加価値をつける

4大卒の人口が増えている現在、同じ4大卒なら相当有名校でないかぎり差別化は難しいところでしょう。なら今の自分に付加価値を付ける必要があります。

FP(ファイナンシャルプランナー)

顧客の資産状況を診断し、もっとも適した資金計画を提案・アドバイスする仕事。営業職に限らず、事務職でも使える資格。不動産業界での平均年収は650万円だそうです。

中小企業診断士

経営コンサルタントを担う国家資格です。経営状態や資産状況などから課題を抽出し、利益に転じるようアドバイスする仕事。30代後半の平均年収は482万円とのこと。

TOEFL/TOEIC

外資系なら英語は必須で、TOEFLやTOEICの高得点を要求されます。海外支社のある企業なら、役職者として現地転属を視野に入れる必要も。その場合海外勤務手当や社宅借り上げなど、福利厚生が手厚くなるので収入が増えることが予想されます。

宅地建物取引士

不動産契約で必要な資格です。使える業界は限られますが、資格手当で月額3万円ほど用意する企業が多数。確実に収入アップにつながる資格です。

その他の資格

重宝される資格はたくさんあります。基本情報技術者や情報処理安全確保支援士、危険物取扱者などが挙げられます。「現職では必要ないけど将来のため」と取得した資格が、年収アップが約束された転職につながるでしょう。

未経験転職でもどの業種業界に行くかがポイント

企業選定が大切

年収アップを目的に転職するなら、現職よりも給与水準の高い業界や職種を選ぶのが大事なポイント。未経験でも収入アップの可能性は高いです。しかし、中には現状の給与が高くても、将来性がない企業も存在します。転職で後悔しないために、十分なリサーチが必要です。

成功報酬型の職種を選ぶ

自分の働きが給与にダイレクトに反映されるのは成功報酬型。頑張った分が収入として返ってくるシステムは、成果ベースのシビアな仕事です。しかしその分やりがいがあると言えるでしょう。外資系企業や不動産、生保などが挙げられます。

大手会社よりもベンチャー企業

収入アップを目指すなら、ベンチャー企業を選ぶのは良い手です。ある調査によると中小・ベンチャー企業の方が、1,000万円プレイヤーが多いという結果が出ています。

高収入を約束するのは、中小よりも大手企業というイメージがあるかもしれません。実際のところ、大手企業はすでに精鋭たちが集まっている会社なので、その中で頭角を現すというのは至難の業。その点ベンチャー企業は、会社への貢献度合いに応じて収入アップも夢ではありません。ベンチャー企業への転職は非常に現実的な選択と言えるでしょう。

未経験者の転職で収入アップを目指すなら

転職を成功させるには情報収集が大事。しかし高額給与求人はそのほとんどが非公開情報。転職サイトやエージェントの取り扱いとなり、一般に知られることはほぼありません。

高額給与求人情報を知りたいなら、転職サイトを利用するのをおすすめします。情報戦線に勝ち抜き、未経験者でも収入アップが見込める転職を実現しましょう。

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ