転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 転職エージェントとはどんなもの? » 転職サイトとエージェントの違いは?

転職サイトとエージェントの違いは?

目的こそ同じですが、転職サイトと転職エージェントの違いは利用者の転職を成功させるうえでまったく違う役割を担っていることにあります。ここではその役割の違いを紹介しています。

転職サイトとエージェントの役割の違いとは

転職サイトでできること

転職サイトは、企業から寄せられた求人案件が掲載され、利用者がそれを自由に閲覧できる形式をとっています。気になる求人を見つけた場合、履歴書や職務経歴書を作成して、応募することが可能です。

利用する場合は会員登録が必要で、登録の際に記入したキャリアやプロフィールによっては、企業側からスカウトのメールが入ることもあります。

利用料金がかからず、無料でサービスを提供していることがほとんど。求人票を見るために直接出向かなければならないハローワークなどと違い、時間が空いたときに手軽にできる転職活動として、多くの人が転職サイトを利用しています。

ただし、転職サイトを使って転職活動をする場合、履歴書や職務経歴書の作成はもちろん、企業側との面接日の調整など、求職者が自分でやらなければならないことがたくさんあります。現職の業務の合間に転職活動をするつもりなら、負担が大きくなることを理解しておきましょう。
また、サイトによっては条件の良い求人の競争率がかなり高くなることも承知しておかなければなりません。

メリットとデメリットを理解したうえで、上手に転職サイトを利用していきましょう。

転職エージェントでできること

対して、転職エージェントは受けられるサービスが変わってきます。転職サイトと転職エージェントを混同している方も多いようですが、両サービスはアプローチの方法がまったく異なることを認識しておいてください。

転職エージェントに登録すると、まず専任のキャリアコンサルタント(アドバイザー、担当者)がつきます。自分で求人情報を探して応募する転職サイトとは違い、転職エージェントサービスではこのキャリアコンサルタントが求職者の経歴や希望に合った求人情報を本人に代わって探してくれます。

また、単に求人情報を案内してくれるだけではなく、転職活動のスケジューリングや方向性などを細やかにサポートしてくれる点も、転職エージェントの大きな特徴。履歴書や職務経歴書の書き方の指導から面接練習まで、手取り足取り求職者の転職活動を支援してくれます。

現職が忙しくて思うように転職活動が進まない人、自力で転職活動を成功させる自信がない人、初めての転職活動で段取りがよくわからない人は、まず転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

もちろん、転職エージェントに登録してサポートを受けたからといって、必ず転職ができるという訳ではありませんが、右も左もわからないままたったひとりで転職活動をするより成功率が上がることは確かです。最終的に転職の成否を決めるのは、求職者のキャリアだったり、意欲・熱意であることに変わりはありませんし、「なんとなく今の会社が合わないから…」といった程度の動機では、転職エージェントを利用しても転職できないこともあるでしょう。しかし、いまの自分の状況をよしとせず、やりたいことが決まっていれば、転職エージェントは必ず力になってくれるでしょう。

転職サイトと転職エージェントは併用しよう

転職サイトと転職エージェントの違いを端的に説明しましたが、いかがでしたか。それぞれのシステムには、長所もあり短所もあります。それぞれは役割が違い、転職に必要な要素を補い合っています。
「どちらに登録するのがよいか」と比べて考えるのではなく、転職の間口を広げるためにどちらも同時に利用していくスタイルがおすすめです。両者の利点だけを上手に使って、美味しいトコ取りをするとよいでしょう。
転職活動を進める第一歩として、まずは転職サイト・転職エージェントの両方に登録をしてみましょう。

成功者300人が選んだ
おすすめ転職サイトと
転職エージェントは?

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ