転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO » 転職エージェントとはどんなもの? » 転職エージェントのデメリットは?

転職エージェントのデメリットは?

直接会わないとサービスを受けにくい

転職エージェントに登録すると、利用者一人ひとりに対して担当の「キャリアコンサルタント」がつきます。キャリアコンサルタントとは、求職者が理想の転職を叶えられるよう導いてくれる転職サポートのプロで、求人票の紹介から転職活動のスケジュール調整、通りやすい履歴書・職務経歴書の書き方や、面接対策などの具体的なアドバイスまでしてくれます。

しかしながら、キャリアコンサルタントのサービスを十分に受けるためには、直接コンサルタントと会って話すことが必要になります。なぜならば、登録した時点ではキャリアコンサルタントは求職者のことを詳しく知らず、会員登録情報を見るだけでは求職者に本当にあっている会社を判断することができないからです。本音や性格、人となりなど、求職者のさまざまな面を知ることで、はじめて適切な求人を紹介することができるのです。

最近では直接面談をしなくても電話やメールだけでサポートをしてくれるエージェントもあります。しかし、電話やメールを通じた情報のやりとりに限界がある以上、コンサルタントが求職者の強みを十分に把握しきれない可能性もありますし、その分紹介される求人も限られてくるでしょう。

直接会って話をしないと十分なサービスを受けられない可能性があることは、転職エージェントのデメリットのひとつといえるかも知れません。

希望の求人ばかり紹介されるわけではない

転職エージェントは、求職者のキャリアや希望を考慮し、それにふさわしい求人を適切に紹介してくれるサービス。転職サイトや転職雑誌などを経由して転職活動をすることに比べ、格段に相性のよい求人と巡り合えます。

しかしながら、求職者が自分のペースで進める転職活動とは違い、希望する求人ばかり紹介されるわけではないことを理解しておきましょう。

転職エージェントのコンサルタントは、担当についた以上、少しでも求職者の希望に沿った求人を案内したいと考えています。しかし、求職者が希望先の業種・職種に適したキャリアを有していない場合や、紹介できる案件が少なく競争率が激しい場合、転職した後のことも鑑みて、希望業種・職種の紹介が不適切だと判断することもあります。

転職エージェントを使った転職活動として、こんな例があります。
「ショップ販売の仕事を希望していたが、塾経営の企業の紹介をしてもらった」というものです。その方はよく考えた結果、コンサルタントに勧められた塾の会社に入社しましたが、その背景には転職エージェントで受けられる「キャリア診断」があったといいます。コンサルタントとの話し合いのなかで、ショップ店員よりも教育業により高い適性がある、との診断が出たそうです。その方は「今となっては塾に転職して本当に良かった」と喜んでいます。コンサルタントが求職者の適正と業務との相性をよく見極めた一例といえます。

このように、考えようによってはメリットにもなることかもしれませんが、転職エージェントは必ずしも本人の希望する求人だけを勧めてくれるわけではないこと、また、適正があれば別の業種・職種を勧めることを理解しておきましょう。

転職サイトと転職エージェントは併用しよう

転職エージェントを利用することは、非常に効率的な転職活動の手段となるものの、人によっては、上記のような点をデメリットに感じる場合もあることを承知しておいてください。これらデメリットを埋める手段として、手軽さが特徴の転職サイトを利用するという方法もあります。
転職エージェント、転職サイト、双方のメリットで生まれる相乗効果で、少しでも効率的な転職活動を進めるようにしましょう。

このサイトでは転職成功者に聞いたおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

成功者300人が選んだ
おすすめ転職サイトと
転職エージェントは?

転職成功者300人がおすすめする転職サイトEXPO
転職成功者300人に聞いたおすすめ転職サイト・エージェントを紹介

サイトマップ